万葉集1275番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1275番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1275番について

歌番号

1275番

原文

住吉|小田苅為子|賎鴨無|奴雖在|妹御為|私田苅

訓読

住吉の小田を刈らす子奴かもなき奴あれど妹がみためと私田刈る

かな読み

すみのえの|をだをからすこ|やつこかもなき|やつこあれど|いもがみためと|わたくしだかる

カタカナ読み

スミノエノ|ヲダヲカラスコ|ヤツコカモナキ|ヤツコアレド|イモガミタメト|ワタクシダカル

ローマ字読み|大文字

SUMINOENO|ODAOKARASUKO|YATSUKOKAMONAKI|YATSUKOAREDO|IMOGAMITAMETO|WATAKUSHIDAKARU

ローマ字読み|小文字

suminoeno|odaokarasuko|yatsukokamonaki|yatsukoaredo|imogamitameto|watakushidakaru

左注|左註

右廿三首柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

雑歌|旋頭歌|略体|唱和|大阪|地名

校異

特に無し

寛永版本

すみのえの[寛],
をだをからすこ,[寛]をたからするこ,
やつこかもなき,[寛]いやしかもなし,
やつこあれど,[寛]やつこあれと,
いもがみためと,[寛]いもかにために,
わたくしだかる,[寛]しのひたをかる,

巻数

第7巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました