万葉集1127番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1127番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1127番について

歌番号

1127番

原文

隕田寸津|走井水之|清有者|<癈>者吾者|去不勝可聞

訓読

落ちたぎつ走井水の清くあれば置きては我れは行きかてぬかも

かな読み

おちたぎつ|はしりゐみづの|きよくあれば|おきてはわれは|ゆきかてぬかも

カタカナ読み

オチタギツ|ハシリヰミヅノ|キヨクアレバ|オキテハワレハ|ユキカテヌカモ

ローマ字読み|大文字

OCHITAGITSU|HASHIRIIMIZUNO|KIYOKUAREBA|OKITEHAWAREHA|YUKIKATENUKAMO

ローマ字読み|小文字

ochitagitsu|hashiriimizuno|kiyokuareba|okitehawareha|yukikatenukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|地名

校異

度->癈【元】【類】【古】

寛永版本

おちたぎつ,[寛]おちたきつ,
はしりゐみづの,[寛]はしりゐみつの,
きよくあれば,[寛]きよけれは,
おきてはわれは,[寛]わたらはわれは,
ゆきかてぬかも[寛],

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました