万葉集1405番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1405番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1405番について

歌番号

1405番

原文

蜻野S|人之懸者|朝蒔|君之所思而|嗟齒不病

訓読

秋津野を人の懸くれば朝撒きし君が思ほえて嘆きはやまず

かな読み

あきづのを|ひとのかくれば|あさまきし|きみがおもほえて|なげきはやまず

カタカナ読み

アキヅノヲ|ヒトノカクレバ|アサマキシ|キミガオモホエテ|ナゲキハヤマズ

ローマ字読み|大文字

AKIZUNO|HITONOKAKUREBA|ASAMAKISHI|KIMIGAOMOHOETE|NAGEKIHAYAMAZU

ローマ字読み|小文字

akizuno|hitonokakureba|asamakishi|kimigaomohoete|nagekihayamazu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

挽歌|吉野|地名

校異

特に無し

寛永版本

あきづのを,[寛]あきつのを,
ひとのかくれば,[寛]ひとのかかれは,
あさまきし,[寛]まゐてまく,
きみがおもほえて,[寛]きみかおもほへて,
なげきはやまず,[寛]なけきはやます,

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました