万葉集1367番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1367番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1367番について

歌番号

1367番

原文

三國山|木末尓住歴|武佐左妣乃|此待鳥如|吾<俟>将痩

訓読

三国山木末に住まふむささびの鳥待つごとく我れ待ち痩せむ

かな読み

みくにやま|こぬれにすまふ|むささびの|とりまつごとく|われまちやせむ

カタカナ読み

ミクニヤマ|コヌレニスマフ|ムササビノ|トリマツゴトク|ワレマチヤセム

ローマ字読み|大文字

MIKUNIYAMA|KONURENISUMAFU|MUSASABINO|TORIMATSUGOTOKU|WAREMACHIYASEMU

ローマ字読み|小文字

mikuniyama|konurenisumafu|musasabino|torimatsugotoku|waremachiyasemu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

譬喩歌|恋愛|地名|動物

校異

侯->俟【西(貼紙)】【元】【類】【紀】

寛永版本

みくにやま[寛],
こぬれにすまふ,[寛]こすゑにすまふ,
むささびの,[寛]むささひの,
とりまつごとく,[寛]とりまつかこと,
われまちやせむ,[寛]わかまちやせし,

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました