万葉集1129番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1129番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1129番について

歌番号

1129番

原文

琴取者|嘆先立|盖毛|琴之下樋尓|嬬哉匿有

訓読

琴取れば嘆き先立つけだしくも琴の下樋に妻や隠れる

かな読み

こととれば|なげきさきだつ|けだしくも|ことのしたびに|つまやこもれる

カタカナ読み

コトトレバ|ナゲキサキダツ|ケダシクモ|コトノシタビニ|ツマヤコモレル

ローマ字読み|大文字

KOTOTOREBA|NAGEKISAKIDATSU|KEDASHIKUMO|KOTONOSHITABINI|TSUMAYAKOMORERU

ローマ字読み|小文字

kototoreba|nagekisakidatsu|kedashikumo|kotonoshitabini|tsumayakomoreru

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|恋愛

校異

和->倭【元】【類】【紀】【温】

寛永版本

こととれば,[寛]こととれは,
なげきさきだつ,[寛]なけきさきたつ,
けだしくも,[寛]けたしくも,
ことのしたびに,[寛]ことのしたひに,
つまやこもれる[寛],

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました