万葉集1234番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1234番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1234番について

歌番号

1234番

原文

塩早三|礒廻荷居者|入潮為|海人鳥屋見濫|多比由久和礼乎

訓読

潮早み磯廻に居れば潜きする海人とや見らむ旅行く我れを

かな読み

しほはやみ|いそみにをれば|かづきする|あまとやみらむ|たびゆくわれを

カタカナ読み

シホハヤミ|イソミニヲレバ|カヅキスル|アマトヤミラム|タビユクワレヲ

ローマ字読み|大文字

SHIHOHAYAMI|ISOMINIOREBA|KAZUKISURU|AMATOYAMIRAMU|TABIYUKUWAREO

ローマ字読み|小文字

shihohayami|isominioreba|kazukisuru|amatoyamiramu|tabiyukuwareo

左注|左註

?右件歌者古集中出

事項|分類・ジャンル

雑歌|羈旅

校異

特に無し

寛永版本

しほはやみ[寛],
いそみにをれば,[寛]いそわにをれは,
かづきする,[寛]あさりする,
あまとやみらむ,[寛]あまとやみられ,
たびゆくわれを,[寛]たひゆくわれを,

巻数

第7巻

作者

古集

タイトルとURLをコピーしました