万葉集1092番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1092番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1092番について

歌番号

1092番

原文

動神之|音耳聞|巻向之|桧原山乎|今日見鶴鴨

訓読

鳴る神の音のみ聞きし巻向の桧原の山を今日見つるかも

かな読み

なるかみの|おとのみききし|まきむくの|ひはらのやまを|けふみつるかも

カタカナ読み

ナルカミノ|オトノミキキシ|マキムクノ|ヒハラノヤマヲ|ケフミツルカモ

ローマ字読み|大文字

NARUKAMINO|OTONOMIKIKISHI|MAKIMUKUNO|HIHARANOYAMAO|KEFUMITSURUKAMO

ローマ字読み|小文字

narukamino|otonomikikishi|makimukuno|hiharanoyamao|kefumitsurukamo

左注|左註

右三首柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

雑歌|巻向|奈良|非略体|地名|枕詞

校異

特に無し

寛永版本

なるかみの[寛],
おとのみききし,[寛]おとにのみきく,
まきむくの,[寛]まきもくの,
ひはらのやまを[寛],
けふみつるかも[寛],

巻数

第7巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました