万葉集1114番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1114番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1114番について

歌番号

1114番

原文

吾紐乎|妹手以而|結八川|又還見|万代左右荷

訓読

我が紐を妹が手もちて結八川またかへり見む万代までに

かな読み

わがひもを|いもがてもちて|ゆふやがは|またかへりみむ|よろづよまでに

カタカナ読み

ワガヒモヲ|イモガテモチテ|ユフヤガハ|マタカヘリミム|ヨロヅヨマデニ

ローマ字読み|大文字

WAGAHIMO|IMOGATEMOCHITE|YUFUYAGAHA|MATAKAHERIMIMU|YOROZUYOMADENI

ローマ字読み|小文字

wagahimo|imogatemochite|yufuyagaha|matakaherimimu|yorozuyomadeni

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|序詞|地名|土地讃美

校異

特に無し

寛永版本

わがひもを,[寛]わかひもを,
いもがてもちて,[寛]いもかてもちて,
ゆふやがは,[寛]ゆふはかは,
またかへりみむ[寛],
よろづよまでに,[寛]よろつよまてに,

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました