万葉集1332番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1332番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1332番について

歌番号

1332番

原文

石金之|<凝>敷山尓|入始而|山名付染|出不勝鴨

訓読

岩が根のこごしき山に入りそめて山なつかしみ出でかてぬかも

かな読み

いはがねの|こごしきやまに|いりそめて|やまなつかしみ|いでかてぬかも

カタカナ読み

イハガネノ|コゴシキヤマニ|イリソメテ|ヤマナツカシミ|イデカテヌカモ

ローマ字読み|大文字

IHAGANENO|KOGOSHIKIYAMANI|IRISOMETE|YAMANATSUKASHIMI|IDEKATENUKAMO

ローマ字読み|小文字

ihaganeno|kogoshikiyamani|irisomete|yamanatsukashimi|idekatenukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

譬喩歌|恋愛

校異

凝木->凝【元】

寛永版本

いはがねの,[寛]いはかねの,
こごしきやまに,[寛]ここしきやまに,
いりそめて[寛],
やまなつかしみ[寛],
いでかてぬかも,[寛]いてかてぬかも,

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました