万葉集1077番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1077番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1077番について

歌番号

1077番

原文

夜干玉之|夜渡月乎|将留尓|西山邊尓|<塞>毛有粳毛

訓読

ぬばたまの夜渡る月を留めむに西の山辺に関もあらぬかも

かな読み

ぬばたまの|よわたるつきを|とどめむに|にしのやまへに|せきもあらぬかも

カタカナ読み

ヌバタマノ|ヨワタルツキヲ|トドメムニ|ニシノヤマヘニ|セキモアラヌカモ

ローマ字読み|大文字

NUBATAMANO|YOWATARUTSUKIO|TODOMEMUNI|NISHINOYAMAHENI|SEKIMOARANUKAMO

ローマ字読み|小文字

nubatamano|yowatarutsukio|todomemuni|nishinoyamaheni|sekimoaranukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌

校異

塞【西(上書訂正)】【類】【紀】【細】

寛永版本

ぬばたまの,[寛]ぬはたまの,
よわたるつきを[寛],
とどめむに,[寛]ととめむに,
にしのやまへに[寛],
せきもあらぬかも[寛],

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました