万葉集1075番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1075番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1075番について

歌番号

1075番

原文

海原之|道遠鴨|月讀|明少|夜者更下乍

訓読

海原の道遠みかも月読の光少き夜は更けにつつ

かな読み

うなはらの|みちとほみかも|つくよみの|ひかりすくなき|よはふけにつつ

カタカナ読み

ウナハラノ|ミチトホミカモ|ツクヨミノ|ヒカリスクナキ|ヨハフケニツツ

ローマ字読み|大文字

UNAHARANO|MICHITOHOMIKAMO|TSUKUYOMINO|HIKARISUKUNAKI|YOHAFUKENITSUTSU

ローマ字読み|小文字

unaharano|michitohomikamo|tsukuyomino|hikarisukunaki|yohafukenitsutsu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌

校異

特に無し

寛永版本

うなはらの[寛],
みちとほみかも[寛],
つくよみの,[寛]つきよみの,
ひかりすくなき,[寛]ひかりすくなく,
よはふけにつつ[寛],

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました