万葉集1165番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1165番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1165番について

歌番号

1165番

原文

暮名寸尓|求食為鶴|塩満者|奥浪高三|己妻喚

訓読

夕なぎにあさりする鶴潮満てば沖波高み己妻呼ばふ

かな読み

ゆふなぎに|あさりするたづ|しほみてば|おきなみたかみ|おのづまよばふ

カタカナ読み

ユフナギニ|アサリスルタヅ|シホミテバ|オキナミタカミ|オノヅマヨバフ

ローマ字読み|大文字

YUFUNAGINI|ASARISURUTAZU|SHIHOMITEBA|OKINAMITAKAMI|ONOZUMAYOBAFU

ローマ字読み|小文字

yufunagini|asarisurutazu|shihomiteba|okinamitakami|onozumayobafu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|羈旅|動物|叙景

校異

特に無し

寛永版本

ゆふなぎに,[寛]ゆふなきに,
あさりするたづ,[寛]あさりするたつ,
しほみてば,[寛]しほみては,
おきなみたかみ[寛],
おのづまよばふ,[寛]おのかつまよふ,

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました