万葉集1103番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1103番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1103番について

歌番号

1103番

原文

今敷者|見目屋跡念之|三芳野之|大川余杼乎|今日見鶴鴨

訓読

今しくは見めやと思ひしみ吉野の大川淀を今日見つるかも

かな読み

いましくは|みめやとおもひし|みよしのの|おほかはよどを|けふみつるかも

カタカナ読み

イマシクハ|ミメヤトオモヒシ|ミヨシノノ|オホカハヨドヲ|ケフミツルカモ

ローマ字読み|大文字

IMASHIKUHA|MIMEYATOMOHISHI|MIYOSHINONO|OHOKAHAYODO|KEFUMITSURUKAMO

ローマ字読み|小文字

imashikuha|mimeyatomohishi|miyoshinono|ohokahayodo|kefumitsurukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|吉野|地名|土地讃美

校異

特に無し

寛永版本

いましくは[寛],
みめやとおもひし[寛],
みよしのの[寛],
おほかはよどを,[寛]おほかはよとを,
けふみつるかも[寛],

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました