万葉集1091番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1091番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1091番について

歌番号

1091番

原文

可融|雨者莫零|吾妹子之|形見之服|吾下尓著有

訓読

通るべく雨はな降りそ我妹子が形見の衣我れ下に着り

かな読み

とほるべく|あめはなふりそ|わぎもこが|かたみのころも|あれしたにけり

カタカナ読み

トホルベク|アメハナフリソ|ワギモコガ|カタミノコロモ|アレシタニケリ

ローマ字読み|大文字

TOHORUBEKU|AMEHANAFURISO|WAGIMOKOGA|KATAMINOKOROMO|ARESHITANIKERI

ローマ字読み|小文字

tohorubeku|amehanafuriso|wagimokoga|kataminokoromo|areshitanikeri

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌

校異

特に無し

寛永版本

とほるべく,[寛]とほるへき,
あめはなふりそ[寛],
わぎもこが,[寛]わきもこか,
かたみのころも[寛],
あれしたにけり,[寛]われしたにきたり,

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました