万葉集1335番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1335番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1335番について

歌番号

1335番

原文

思賸|痛文為便無|玉手次|雲飛山仁|吾印結

訓読

思ひあまりいたもすべなみ玉たすき畝傍の山に我れ標結ひつ

かな読み

おもひあまり|いたもすべなみ|たまたすき|うねびのやまに|われしめゆひつ

カタカナ読み

オモヒアマリ|イタモスベナミ|タマタスキ|ウネビノヤマニ|ワレシメユヒツ

ローマ字読み|大文字

OMOHIAMARI|ITAMOSUBENAMI|TAMATASUKI|UNEBINOYAMANI|WARESHIMEYUHITSU

ローマ字読み|小文字

omohiamari|itamosubenami|tamatasuki|unebinoyamani|wareshimeyuhitsu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

譬喩歌|橿原|奈良|恋愛|枕詞|地名

校異

特に無し

寛永版本

おもひあまり[寛],
いたもすべなみ,[寛]いともすへなみ,
たまたすき[寛],
うねびのやまに,[寛]うねひのやまに,
われしめゆひつ,[寛]われしめむすふ,

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました