万葉集1095番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1095番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1095番について

歌番号

1095番

原文

三諸就|三輪山見者|隠口乃|始瀬之桧原|所念鴨

訓読

三諸つく三輪山見れば隠口の泊瀬の桧原思ほゆるかも

かな読み

みもろつく|みわやまみれば|こもりくの|はつせのひはら|おもほゆるかも

カタカナ読み

ミモロツク|ミワヤマミレバ|コモリクノ|ハツセノヒハラ|オモホユルカモ

ローマ字読み|大文字

MIMOROTSUKU|MIWAYAMAMIREBA|KOMORIKUNO|HATSUSENOHIHARA|OMOHOYURUKAMO

ローマ字読み|小文字

mimorotsuku|miwayamamireba|komorikuno|hatsusenohihara|omohoyurukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|三輪山|奈良|地名|枕詞

校異

特に無し

寛永版本

みもろつく[寛],
みわやまみれば,[寛]みわやまみれは,
こもりくの[寛],
はつせのひはら[寛],
おもほゆるかも[寛],

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました