万葉集1352番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1352番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1352番について

歌番号

1352番

原文

吾情|湯谷絶谷|浮蓴|邊毛奥毛|依<勝>益士

訓読

我が心ゆたにたゆたに浮蓴辺にも沖にも寄りかつましじ

かな読み

あがこころ|ゆたにたゆたに|うきぬなは|へにもおきにも|よりかつましじ

カタカナ読み

アガココロ|ユタニタユタニ|ウキヌナハ|ヘニモオキニモ|ヨリカツマシジ

ローマ字読み|大文字

AGAKOKORO|YUTANITAYUTANI|UKINUNAHA|HENIMOKINIMO|YORIKATSUMASHIJI

ローマ字読み|小文字

agakokoro|yutanitayutani|ukinunaha|henimokinimo|yorikatsumashiji

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

譬喩歌|恋愛|植物

校異

->勝【西(右書)】【元】【類】【紀】

寛永版本

あがこころ,[寛]わかこころ,
ゆたにたゆたに[寛],
うきぬなは[寛],
へにもおきにも[寛],
よりかつましじ,[寛]よりかたましを,

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました