万葉集1128番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1128番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1128番について

歌番号

1128番

原文

安志妣成|榮之君之|穿之井之|石井之水者|雖飲不飽鴨

訓読

馬酔木なす栄えし君が掘りし井の石井の水は飲めど飽かぬかも

かな読み

あしびなす|さかえしきみが|ほりしゐの|いしゐのみづは|のめどあかぬかも

カタカナ読み

アシビナス|サカエシキミガ|ホリシヰノ|イシヰノミヅハ|ノメドアカヌカモ

ローマ字読み|大文字

ASHIBINASU|SAKAESHIKIMIGA|HORISHIINO|ISHIINOMIZUHA|NOMEDOAKANUKAMO

ローマ字読み|小文字

ashibinasu|sakaeshikimiga|horishiino|ishiinomizuha|nomedoakanukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|地名

校異

特に無し

寛永版本

あしびなす,[寛]あしひなる,
さかえしきみが,[寛]さかえしきみか,
ほりしゐの,[寛]ほりしゐの,
いしゐのみづは,[寛]いはゐのみつは,
のめどあかぬかも,[寛]のめとあかぬかも,

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました