万葉集1360番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1360番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1360番について

歌番号

1360番

原文

氣緒尓|念有吾乎|山治左能|花尓香<公>之|移奴良武

訓読

息の緒に思へる我れを山ぢさの花にか君がうつろひぬらむ

かな読み

いきのをに|おもへるわれを|やまぢさの|はなにかきみが|うつろひぬらむ

カタカナ読み

イキノヲニ|オモヘルワレヲ|ヤマヂサノ|ハナニカキミガ|ウツロヒヌラム

ローマ字読み|大文字

IKINONI|OMOHERUWAREO|YAMAJISANO|HANANIKAKIMIGA|UTSUROHINURAMU

ローマ字読み|小文字

ikinoni|omoheruwareo|yamajisano|hananikakimiga|utsurohinuramu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

譬喩歌|恋愛|恨牫|失恋|植物

校異

君->公【元】【類】【古】【紀】

寛永版本

いきのをに[寛],
おもへるわれを[寛],
やまぢさの,[寛]やまちさの,
はなにかきみが,[寛]はなにかきみか,
うつろひぬらむ[寛],

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました