万葉集1073番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1073番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1073番について

歌番号

1073番

原文

玉垂之|小簾之間通|獨居而|見驗無|暮月夜鴨

訓読

玉垂の小簾の間通しひとり居て見る験なき夕月夜かも

かな読み

たまだれの|をすのまとほし|ひとりゐて|みるしるしなき|ゆふつくよかも

カタカナ読み

タマダレノ|ヲスノマトホシ|ヒトリヰテ|ミルシルシナキ|ユフツクヨカモ

ローマ字読み|大文字

TAMADARENO|OSUNOMATOHOSHI|HITORIITE|MIRUSHIRUSHINAKI|YUFUTSUKUYOKAMO

ローマ字読み|小文字

tamadareno|osunomatohoshi|hitoriite|mirushirushinaki|yufutsukuyokamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌

校異

特に無し

寛永版本

たまだれの,[寛]たまたれの,
をすのまとほし[寛],
ひとりゐて[寛],
みるしるしなき,[寛]みるしるしなみ,
ゆふつくよかも[寛],

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました