万葉集1036番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1036番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1036番について

歌番号

1036番

原文

關無者|還尓谷藻|打行而|妹之手枕|巻手宿益乎

訓読

関なくは帰りにだにもうち行きて妹が手枕まきて寝ましを

かな読み

せきなくは|かへりにだにも|うちゆきて|いもがたまくら|まきてねましを

カタカナ読み

セキナクハ|カヘリニダニモ|ウチユキテ|イモガタマクラ|マキテネマシヲ

ローマ字読み|大文字

SEKINAKUHA|KAHERINIDANIMO|UCHIYUKITE|IMOGATAMAKURA|MAKITENEMASHIO

ローマ字読み|小文字

sekinakuha|kaherinidanimo|uchiyukite|imogatamakura|makitenemashio

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|羈旅|行幸従駕|望郷|天平12年10月年紀|岐阜|地名

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

せきなくは[寛],
かへりにだにも,[寛]かへりにたにも,
うちゆきて[寛],
いもがたまくら,[寛]いもかたまくら,
まきてねましを[寛],

巻数

第6巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました