万葉集962番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集962番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集962番について

歌番号

962番

原文

奥山之|磐尓蘿生|恐毛|問賜鴨|念不堪國

訓読

奥山の岩に苔生し畏くも問ひたまふかも思ひあへなくに

かな読み

おくやまの|いはにこけむし|かしこくも|とひたまふかも|おもひあへなくに

カタカナ読み

オクヤマノ|イハニコケムシ|カシコクモ|トヒタマフカモ|オモヒアヘナクニ

ローマ字読み|大文字

OKUYAMANO|IHANIKOKEMUSHI|KASHIKOKUMO|TOHITAMAFUKAMO|OMOHIAHENAKUNI

ローマ字読み|小文字

okuyamano|ihanikokemushi|kashikokumo|tohitamafukamo|omohiahenakuni

左注|左註

右|勅使大伴道足宿祢饗于帥家|此日會集衆諸相誘驛使葛井連廣成言須作歌詞|登時廣成應聲即吟此歌

事項|分類・ジャンル

雑歌|大伴道足|太宰府|福岡|宴席|地名|序詞|天平2年年紀

校異

推->擢【元】【古】【細】|歌【西】謌【西(訂正)】歌|歌【西】謌【西(訂正)】歌|此歌【西】此謌【西(訂正)】此歌

寛永版本

おくやまの[寛],
いはにこけむし,[寛]こけむして,
かしこくも,[寛]かしこみも,
とひたまふかも[寛],
おもひあへなくに,[寛]おもひたへなくに,

巻数

第6巻

作者

葛井広成

タイトルとURLをコピーしました