万葉集941番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集941番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集941番について

歌番号

941番

原文

明方|潮干乃道乎|従明日者|下咲異六|家近附者

訓読

明石潟潮干の道を明日よりは下笑ましけむ家近づけば

かな読み

あかしがた|しほひのみちを|あすよりは|したゑましけむ|いへちかづけば

カタカナ読み

アカシガタ|シホヒノミチヲ|アスヨリハ|シタヱマシケム|イヘチカヅケバ

ローマ字読み|大文字

AKASHIGATA|SHIHOHINOMICHIO|ASUYORIHA|SHITAEMASHIKEMU|IHECHIKAZUKEBA

ローマ字読み|小文字

akashigata|shihohinomichio|asuyoriha|shitaemashikemu|ihechikazukeba

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|播磨|兵庫|羈旅|望郷|地名

校異

特に無し

寛永版本

あかしがた,[寛]あかしかた,
しほひのみちを[寛],
あすよりは[寛],
したゑましけむ,[寛]したうれしけむ,
いへちかづけば,[寛]いへちかつけは,

巻数

第6巻

作者

山部赤人

タイトルとURLをコピーしました