万葉集1026番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1026番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1026番について

歌番号

1026番

原文

百礒城乃|大宮人者|今日毛鴨|暇<无>跡|里尓不<出>将有

訓読

ももしきの大宮人は今日もかも暇をなみと里に出でずあらむ

かな読み

ももしきの|おほみやひとは|けふもかも|いとまをなみと|さとにいでずあらむ

カタカナ読み

モモシキノ|オホミヤヒトハ|ケフモカモ|イトマヲナミト|サトニイデズアラム

ローマ字読み|大文字

MOMOSHIKINO|OHOMIYAHITOHA|KEFUMOKAMO|ITOMAONAMITO|SATONIIDEZUARAMU

ローマ字読み|小文字

momoshikino|ohomiyahitoha|kefumokamo|itomaonamito|satoniidezuaramu

左注|左註

右一首右大臣傳云|故豊嶋采女歌

事項|分類・ジャンル

雑歌|伝誦|橘諸兄|宴席|天平11年8月20日年紀

校異

無->无【元】【類】|去->出【類】【古】|歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

ももしきの[寛],
おほみやひとは[寛],
けふもかも[寛],
いとまをなみと,[寛]いとまなけれと,
さとにいでずあらむ,[寛]さとにゆかさらむ,

巻数

第6巻

作者

豊島采女

タイトルとURLをコピーしました