万葉集957番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集957番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集957番について

歌番号

957番

原文

去来兒等|香椎乃滷尓|白妙之|袖左倍所沾而|朝菜採手六

訓読

いざ子ども香椎の潟に白栲の袖さへ濡れて朝菜摘みてむ

かな読み

いざこども|かしひのかたに|しろたへの|そでさへぬれて|あさなつみてむ

カタカナ読み

イザコドモ|カシヒノカタニ|シロタヘノ|ソデサヘヌレテ|アサナツミテム

ローマ字読み|大文字

IZAKODOMO|KASHIHINOKATANI|SHIROTAHENO|SODESAHENURETE|ASANATSUMITEMU

ローマ字読み|小文字

izakodomo|kashihinokatani|shirotaheno|sodesahenurete|asanatsumitemu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|福岡|香椎|太宰府|地名|神亀5年11月年紀

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌|歌【西】謌

寛永版本

いざこども,[寛]いさやこら,
かしひのかたに[寛],
しろたへの[寛],
そでさへぬれて,[寛]そてさへぬれて,
あさなつみてむ[寛],

巻数

第6巻

作者

大伴旅人

タイトルとURLをコピーしました