万葉集1016番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1016番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1016番について

歌番号

1016番

原文

海原之|遠渡乎|遊士之|遊乎将見登|莫津左比曽来之

訓読

海原の遠き渡りを風流士の遊ぶを見むとなづさひぞ来し

かな読み

うなはらの|とほきわたりを|みやびをの|あそぶをみむと|なづさひぞこし

カタカナ読み

ウナハラノ|トホキワタリヲ|ミヤビヲノ|アソブヲミムト|ナヅサヒゾコシ

ローマ字読み|大文字

UNAHARANO|TOHOKIWATARIO|MIYABIONO|ASOBUOMIMUTO|NAZUSAHIZOKOSHI

ローマ字読み|小文字

unaharano|tohokiwatario|miyabiono|asobuomimuto|nazusahizokoshi

左注|左註

右一首書白紙懸著屋壁也|題云|蓬莱仙媛所<化>嚢蘰|為風流秀才之士矣|斯凡客不所望見哉

事項|分類・ジャンル

雑歌|巨勢宿奈麻呂|宴席|風流|神仙|遊び|天平9年2月

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌|->化【元】【類】【紀】

寛永版本

うなはらの[寛],
とほきわたりを[寛],
みやびをの,[寛]たわれをの,
あそぶをみむと,[寛]あそふをみむと,
なづさひぞこし,[寛]なつさひそこし,

巻数

第6巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました