万葉集946番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集946番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集946番について

歌番号

946番

原文

御食向|淡路乃嶋二|直向|三犬女乃浦能|奥部庭|深海松採|浦廻庭|名告藻苅|深見流乃|見巻欲跡|莫告藻之|己名惜三|間使裳|不遣而吾者|生友奈重二

訓読

御食向ふ|淡路の島に|直向ふ|敏馬の浦の|沖辺には|深海松採り|浦廻には|なのりそ刈る|深海松の|見まく欲しけど|なのりその|おのが名惜しみ|間使も|遣らずて我れは|生けりともなし

かな読み

みけむかふ|あはぢのしまに|ただむかふ|みぬめのうらの|おきへには|ふかみるとり|うらみには|なのりそかる|ふかみるの|みまくほしけど|なのりその|おのがなをしみ|まつかひも|やらずてわれは|いけりともなし

カタカナ読み

ミケムカフ|アハヂノシマニ|タダムカフ|ミヌメノウラノ|オキヘニハ|フカミルトリ|ウラミニハ|ナノリソカル|フカミルノ|ミマクホシケド|ナノリソノ|オノガナヲシミ|マツカヒモ|ヤラズテワレハ|イケリトモナシ

ローマ字読み|大文字

MIKEMUKAFU|AHAJINOSHIMANI|TADAMUKAFU|MINUMENORANO|OKIHENIHA|FUKAMIRUTORI|URAMINIHA|NANORISOKARU|FUKAMIRUNO|MIMAKUHOSHIKEDO|NANORISONO|ONOGANAOSHIMI|MATSUKAHIMO|YARAZUTEWAREHA|IKERITOMONASHI

ローマ字読み|小文字

mikemukafu|ahajinoshimani|tadamukafu|minumenorano|okiheniha|fukamirutori|uraminiha|nanorisokaru|fukamiruno|mimakuhoshikedo|nanorisono|onoganaoshimi|matsukahimo|yarazutewareha|ikeritomonashi

左注|左註

右作歌年月未詳也|但以類故載於此<次>

事項|分類・ジャンル

雑歌|羈旅|兵庫|望郷|枕詞|地名|植物

校異

驚->敏馬【西(右書訂正)】【元】【紀】【細】|歌【西】謌【西(訂正)】歌|短歌【西】短謌【西(訂正)】短歌

寛永版本

みけむかふ[寛],
あはぢのしまに,[寛]あはちのしまに,
ただむかふ,[寛]たたむかふ,
みぬめのうらの[寛],
おきへには[寛],
ふかみるとり,[寛]ふかみるつみ,
うらみには,[寛]うらわには,
なのりそかる,[寛]なのりそをかり,
ふかみるの[寛],
みまくほしけど,[寛]みまくほしみと,
なのりその[寛],
おのがなをしみ,[寛]おのかなをしみ,
まつかひも[寛],
やらずてわれは,[寛]やらすてわれは,
いけりともなし,[寛]いけりともなへに,

巻数

第6巻

作者

山部赤人

タイトルとURLをコピーしました