万葉集932番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集932番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集932番について

歌番号

932番

原文

白浪之|千重来縁流|住吉能|岸乃黄土粉|二寶比天由香名

訓読

白波の千重に来寄する住吉の岸の埴生ににほひて行かな

かな読み

しらなみの|ちへにきよする|すみのえの|きしのはにふに|にほひてゆかな

カタカナ読み

シラナミノ|チヘニキヨスル|スミノエノ|キシノハニフニ|ニホヒテユカナ

ローマ字読み|大文字

SHIRANAMINO|CHIHENIKIYOSURU|SUMINOENO|KISHINOHANIFUNI|NIHOHITEYUKANA

ローマ字読み|小文字

shiranamino|chihenikiyosuru|suminoeno|kishinohanifuni|nihohiteyukana

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|難波|大阪|住吉|離宮|宮廷讃美|羈旅|地名

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

しらなみの[寛],
ちへにきよする[寛],
すみのえの[寛],
きしのはにふに[寛],
にほひてゆかな[寛],

巻数

第6巻

作者

車持千年

タイトルとURLをコピーしました