万葉集1003番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1003番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1003番について

歌番号

1003番

原文

海D嬬|玉求良之|奥浪|恐海尓|船出為利所見

訓読

海女娘子玉求むらし沖つ波畏き海に舟出せり見ゆ

かな読み

あまをとめ|たまもとむらし|おきつなみ|かしこきうみに|ふなでせりみゆ

カタカナ読み

アマヲトメ|タマモトムラシ|オキツナミ|カシコキウミニ|フナデセリミユ

ローマ字読み|大文字

AMAOTOME|TAMAMOTOMURASHI|OKITSUNAMI|KASHIKOKIUMINI|FUNADESERIMIYU

ローマ字読み|小文字

amaotome|tamamotomurashi|okitsunami|kashikokiumini|funadeserimiyu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|羈旅|佐賀|土地|叙景|漁夫|地名|属目

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

あまをとめ[寛],
たまもとむらし[寛],
おきつなみ[寛],
かしこきうみに[寛],
ふなでせりみゆ,[寛]ふなてせりみゆ,

巻数

第6巻

作者

葛井大成

タイトルとURLをコピーしました