万葉集996番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集996番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集996番について

歌番号

996番

原文

御民吾|生有驗在|天地之|榮時尓|相樂念者

訓読

御民我れ生ける験あり天地の栄ゆる時にあへらく思へば

かな読み

みたみわれ|いけるしるしあり|あめつちの|さかゆるときに|あへらくおもへば

カタカナ読み

ミタミワレ|イケルシルシアリ|アメツチノ|サカユルトキニ|アヘラクオモヘバ

ローマ字読み|大文字

MITAMIWARE|IKERUSHIRUSHIARI|AMETSUCHINO|SAKAYURUTOKINI|AHERAKUOMOHEBA

ローマ字読み|小文字

mitamiware|ikerushirushiari|ametsuchino|sakayurutokini|aherakuomoheba

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|応詔|天平6年年紀

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

みたみわれ,[寛]みたからの,
いけるしるしあり,[寛]わかいけるしるしあり,
あめつちの[寛],
さかゆるときに[寛],
あへらくおもへば,[寛]あふらくおもへは,

巻数

第6巻

作者

海犬養岡麻呂

タイトルとURLをコピーしました