万葉集927番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集927番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集927番について

歌番号

927番

原文

足引之|山毛野毛|御<猟>人|得物矢手<挟>|散動而有所見

訓読

あしひきの山にも野にも御狩人さつ矢手挾み騒きてあり見ゆ

かな読み

あしひきの|やまにものにも|みかりひと|さつやたばさみ|さわきてありみゆ

カタカナ読み

アシヒキノ|ヤマニモノニモ|ミカリヒト|サツヤタバサミ|サワキテアリミユ

ローマ字読み|大文字

ASHIHIKINO|YAMANIMONONIMO|MIKARIHITO|SATSUYATABASAMI|SAWAKITEARIMIYU

ローマ字読み|小文字

ashihikino|yamanimononimo|mikarihito|satsuyatabasami|sawakitearimiyu

左注|左註

右不審先後|但以便故載於此<次>

事項|分類・ジャンル

雑歌|吉野|行幸|宮廷讃美|狩猟|地名

校異

狩->猟【元】【類】【細】|狭->挟【元】【古】【紀】|歟->次【西(右書訂正)】【元】【古】【紀】

寛永版本

あしひきの[寛],
やまにものにも[寛],
みかりひと[寛],
さつやたばさみ,[寛]ともやたはさみ,
さわきてありみゆ,[寛]みたれたるみゆ,

巻数

第6巻

作者

山部赤人

タイトルとURLをコピーしました