万葉集983番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集983番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集983番について

歌番号

983番

原文

山葉|左佐良榎<壮>子|天原|門度光|見良久之好藻

訓読

山の端のささら愛壮士天の原門渡る光見らくしよしも

かな読み

やまのはの|ささらえをとこ|あまのはら|とわたるひかり|みらくしよしも

カタカナ読み

ヤマノハノ|ササラエヲトコ|アマノハラ|トワタルヒカリ|ミラクシヨシモ

ローマ字読み|大文字

YAMANOHANO|SASARAEOTOKO|AMANOHARA|TOWATARUHIKARI|MIRAKUSHIYOSHIMO

ローマ字読み|小文字

yamanohano|sasaraeotoko|amanohara|towataruhikari|mirakushiyoshimo

左注|左註

右一首歌或云|月別名曰佐散良衣壮<士>也|縁此辞作此歌

事項|分類・ジャンル

雑歌|題詠|月

校異

牡->壮【紀】【温】【矢】|歌【西】謌【西(訂正)】哥|此歌【西】此謌|->士【類】【紀】【細】

寛永版本

やまのはの[寛],
ささらえをとこ[寛],
あまのはら[寛],
とわたるひかり[寛],
みらくしよしも[寛],

巻数

第6巻

作者

坂上郎女

タイトルとURLをコピーしました