万葉集1035番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1035番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1035番について

歌番号

1035番

原文

田跡河之|瀧乎清美香|従古|<官>仕兼|多藝乃野之上尓

訓読

田跡川の瀧を清みかいにしへゆ宮仕へけむ多芸の野の上に

かな読み

たどかはの|たきをきよみか|いにしへゆ|みやつかへけむ|たぎのののへに

カタカナ読み

タドカハノ|タキヲキヨミカ|イニシヘユ|ミヤツカヘケム|タギノノノヘニ

ローマ字読み|大文字

TADOKAHANO|TAKIOKIYOMIKA|INISHIHEYU|MIYATSUKAHEKEMU|TAGINONONOHENI

ローマ字読み|小文字

tadokahano|takiokiyomika|inishiheyu|miyatsukahekemu|taginononoheni

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|岐阜|羈旅|宮廷讃美|大夫|天平12年10月年紀|養老瀧|地名

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌|宮->官【元】【類】【古】【細】

寛永版本

たどかはの,[寛]たとかはの,
たきをきよみか[寛],
いにしへゆ,[寛]むかしより,
みやつかへけむ[寛],
たぎのののへに,[寛]たきのののうへに,

巻数

第6巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました