万葉集945番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集945番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集945番について

歌番号

945番

原文

風吹者|浪可将立跡|伺候尓|都太乃細江尓|浦隠居

訓読

風吹けば波か立たむとさもらひに都太の細江に浦隠り居り

かな読み

かぜふけば|なみかたたむと|さもらひに|つだのほそえに|うらがくりをり

カタカナ読み

カゼフケバ|ナミカタタムト|サモラヒニ|ツダノホソエニ|ウラガクリヲリ

ローマ字読み|大文字

KAZEFUKEBA|NAMIKATATAMUTO|SAMORAHINI|TSUDANOHOSOENI|URAGAKURIORI

ローマ字読み|小文字

kazefukeba|namikatatamuto|samorahini|tsudanohosoeni|uragakuriori

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|羈旅|兵庫|地名

校異

特に無し

寛永版本

かぜふけば,[寛]かせふけは,
なみかたたむと[寛],
さもらひに,[寛]まつほとに,
つだのほそえに,[寛]つたのほそえに,
うらがくりをり,[寛]うらかくれゐす,

巻数

第6巻

作者

山部赤人

タイトルとURLをコピーしました