万葉集986番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集986番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集986番について

歌番号

986番

原文

愛也思|不遠里乃|君来跡|大能備尓鴨|月之照有

訓読

はしきやし間近き里の君来むとおほのびにかも月の照りたる

かな読み

はしきやし|まちかきさとの|きみこむと|おほのびにかも|つきのてりたる

カタカナ読み

ハシキヤシ|マチカキサトノ|キミコムト|オホノビニカモ|ツキノテリタル

ローマ字読み|大文字

HASHIKIYASHI|MACHIKAKISATONO|KIMIKOMUTO|OHONOBINIKAMO|TSUKINOTERITARU

ローマ字読み|小文字

hashikiyashi|machikakisatono|kimikomuto|ohonobinikamo|tsukinoteritaru

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|題詠|恋情|相聞

校異

特に無し

寛永版本

はしきやし,[寛]よしえやし,
まちかきさとの[寛],
きみこむと,[寛]きみくやと,
おほのびにかも,[寛]おほのひにかも,
つきのてりたる,[寛]つきのてらせる,

巻数

第6巻

作者

湯原王

タイトルとURLをコピーしました