万葉集947番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集947番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集947番について

歌番号

947番

原文

為間乃海人之|塩焼衣乃|奈礼名者香|一日母君乎|忘而将念

訓読

須磨の海女の塩焼き衣の慣れなばか一日も君を忘れて思はむ

かな読み

すまのあまの|しほやききぬの|なれなばか|ひとひもきみを|わすれておもはむ

カタカナ読み

スマノアマノ|シホヤキキヌノ|ナレナバカ|ヒトヒモキミヲ|ワスレテオモハム

ローマ字読み|大文字

SUMANOAMANO|SHIHOYAKIKINUNO|NARENABAKA|HITOHIMOKIMIO|WASURETEOMOHAMU

ローマ字読み|小文字

sumanoamano|shihoyakikinuno|narenabaka|hitohimokimio|wasureteomohamu

左注|左註

右作歌年月未詳也|但以類故載於此<次>

事項|分類・ジャンル

雑歌|羈旅|兵庫|望郷|地名

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌|歌【西】謌【西(訂正)】歌|歟->次【西(右書訂正)】【元】【紀】【細】

寛永版本

すまのあまの[寛],
しほやききぬの,[寛]しおやくきぬの,
なれなばか,[寛]なれなはか,
ひとひもきみを[寛],
わすれておもはむ[寛],

巻数

第6巻

作者

山部赤人

タイトルとURLをコピーしました