万葉集985番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集985番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集985番について

歌番号

985番

原文

天尓座|月讀<壮>子|幣者将為|今夜乃長者|五百夜継許増

訓読

天にます月読壮士賄はせむ今夜の長さ五百夜継ぎこそ

かな読み

あめにます|つくよみをとこ|まひはせむ|こよひのながさ|いほよつぎこそ

カタカナ読み

アメニマス|ツクヨミヲトコ|マヒハセム|コヨヒノナガサ|イホヨツギコソ

ローマ字読み|大文字

AMENIMASU|TSUKUYOMIOTOKO|MAHIHASEMU|KOYOHINONAGASA|IHOYOTSUGIKOSO

ローマ字読み|小文字

amenimasu|tsukuyomiotoko|mahihasemu|koyohinonagasa|ihoyotsugikoso

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|題詠|相聞

校異

歌【西】謌【西(訂正)】哥|牡->壮【紀】【温】【矢】

寛永版本

あめにます[寛],
つくよみをとこ,[寛]つきよみをとこ,
まひはせむ[寛],
こよひのながさ,[寛]こよひのなかさ,
いほよつぎこそ,[寛]いほよつきこそ,

巻数

第6巻

作者

湯原王

タイトルとURLをコピーしました