万葉集1017番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1017番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1017番について

歌番号

1017番

原文

木綿疊|手向乃山乎|今日<越>而|何野邊尓|廬将為<吾>等

訓読

木綿畳手向けの山を今日越えていづれの野辺に廬りせむ我れ

かな読み

ゆふたたみ|たむけのやまを|けふこえて|いづれののへに|いほりせむわれ

カタカナ読み

ユフタタミ|タムケノヤマヲ|ケフコエテ|イヅレノノヘニ|イホリセムワレ

ローマ字読み|大文字

YUFUTATAMI|TAMUKENOYAMAO|KEFUKOETE|IZURENONOHENI|IHORISEMUWARE

ローマ字読み|小文字

yufutatami|tamukenoyamao|kefukoete|izurenonoheni|ihorisemuware

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|京都|羈旅|黒人|旅愁|天平9年4月

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌|超->越【元】【類】|子->吾【元】【類】【紀】【細】

寛永版本

ゆふたたみ[寛],
たむけのやまを[寛],
けふこえて[寛],
いづれののへに,[寛]いつれののへに,
いほりせむわれ,[寛]いほりせむこら,

巻数

第6巻

作者

坂上郎女

タイトルとURLをコピーしました