万葉集936番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集936番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集936番について

歌番号

936番

原文

玉藻苅|海未通女等|見尓将去|船梶毛欲得|浪高友

訓読

玉藻刈る海人娘子ども見に行かむ舟楫もがも波高くとも

かな読み

たまもかる|あまをとめども|みにゆかむ|ふなかぢもがも|なみたかくとも

カタカナ読み

タマモカル|アマヲトメドモ|ミニユカム|フナカヂモガモ|ナミタカクトモ

ローマ字読み|大文字

TAMAMOKARU|AMAOTOMEDOMO|MINIYUKAMU|FUNAKAJIMOGAMO|NAMITAKAKUTOMO

ローマ字読み|小文字

tamamokaru|amaotomedomo|miniyukamu|funakajimogamo|namitakakutomo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|播磨|兵庫|羈旅|恋情|神亀3年9月15日年紀|植物|地名

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

たまもかる[寛],
あまをとめども,[寛]あまをとめらを,
みにゆかむ[寛],
ふなかぢもがも,[寛]ふなかちもかな,
なみたかくとも[寛],

巻数

第6巻

作者

笠金村

タイトルとURLをコピーしました