万葉集1000番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1000番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

万葉集1000番について

歌番号

1000番

原文

兒等之有者|二人将聞乎|奥渚尓|鳴成多頭乃|暁之聲

訓読

子らしあらばふたり聞かむを沖つ洲に鳴くなる鶴の暁の声

かな読み

こらしあらば|ふたりきかむを|おきつすに|なくなるたづの|あかときのこゑ

カタカナ読み

コラシアラバ|フタリキカムヲ|オキツスニ|ナクナルタヅノ|アカトキノコヱ

ローマ字読み|大文字

KORASHIARABA|FUTARIKIKAMUO|OKITSUSUNI|NAKUNARUTAZUNO|AKATOKINOKOE

ローマ字読み|小文字

korashiaraba|futarikikamuo|okitsusuni|nakunarutazuno|akatokinokoe

左注|左註

右一首守部王作

事項|分類・ジャンル

雑歌|行幸|大阪|恋情|望郷|天平6年3月年紀|地名

校異

特に無し

寛永版本

こらしあらば,[寛]こらかあらは,
ふたりきかむを[寛],
おきつすに[寛],
なくなるたづの,[寛]なくなるたつの,
あかときのこゑ,[寛]あかつきのこゑ

巻数

第6巻

作者

守部王

タイトルとURLをコピーしました