万葉集914番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集914番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集914番について

歌番号

914番

原文

瀧上乃|三船之山者|雖<畏>|思忘|時毛日毛無

訓読

滝の上の三船の山は畏けど思ひ忘るる時も日もなし

かな読み

たきのうへの|みふねのやまは|かしこけど|おもひわするる|ときもひもなし

カタカナ読み

タキノウヘノ|ミフネノヤマハ|カシコケド|オモヒワスルル|トキモヒモナシ

ローマ字読み|大文字

TAKINOHENO|MIFUNENOYAMAHA|KASHIKOKEDO|OMOHIWASURURU|TOKIMOHIMONASHI

ローマ字読み|小文字

takinoheno|mifunenoyamaha|kashikokedo|omohiwasururu|tokimohimonashi

左注|左註

右年月不審|但以歌類載於此次焉|或本云|養老七年五月幸于芳野離宮之時作

事項|分類・ジャンル

雑歌|吉野|行幸|従駕|宮廷讃美|羈旅|養老7年5月年紀|地名

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌|->畏【西(右書)】【元】【金】【類】

寛永版本

たきのうへの[寛],
みふねのやまは[寛],
かしこけど,[寛]かしこけと,
おもひわするる[寛],
ときもひもなし[寛],

巻数

第6巻

作者

車持千年

タイトルとURLをコピーしました