万葉集993番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集993番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集993番について

歌番号

993番

原文

月立而|直三日月之|眉根掻|氣長戀之|君尓相有鴨

訓読

月立ちてただ三日月の眉根掻き日長く恋ひし君に逢へるかも

かな読み

つきたちて|ただみかづきの|まよねかき|けながくこひし|きみにあへるかも

カタカナ読み

ツキタチテ|タダミカヅキノ|マヨネカキ|ケナガクコヒシ|キミニアヘルカモ

ローマ字読み|大文字

TSUKITACHITE|TADAMIKAZUKINO|MAYONEKAKI|KENAGAKUKOHISHI|KIMINIAHERUKAMO

ローマ字読み|小文字

tsukitachite|tadamikazukino|mayonekaki|kenagakukohishi|kiminiaherukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|相聞

校異

歌【西】謌

寛永版本

つきたちて[寛],
ただみかづきの,[寛]たたみかつきの,
まよねかき,[寛]まゆねかき,
けながくこひし,[寛]けなかくこひし,
きみにあへるかも[寛],

巻数

第6巻

作者

坂上郎女

タイトルとURLをコピーしました