万葉集977番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集977番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集977番について

歌番号

977番

原文

直超乃|此徑尓<弖師>|押照哉|難波乃<海>跡|名附家良思<蒙>

訓読

直越のこの道にしておしてるや難波の海と名付けけらしも

かな読み

ただこえの|このみちにして|おしてるや|なにはのうみと|なづけけらしも

カタカナ読み

タダコエノ|コノミチニシテ|オシテルヤ|ナニハノウミト|ナヅケケラシモ

ローマ字読み|大文字

TADAKOENO|KONOMICHINISHITE|OSHITERUYA|NANIHANOMITO|NAZUKEKERASHIMO

ローマ字読み|小文字

tadakoeno|konomichinishite|oshiteruya|nanihanomito|nazukekerashimo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|難波|大阪|土地讃美|羈旅|天平5年年紀|枕詞|地名

校異

師弖->弖師【元】【紀】【細】|->海【西(右書)】【元】【類】|裳->蒙【元】【細】

寛永版本

ただこえの,[寛]たたこえの,
このみちにして[寛],
おしてるや[寛],
なにはのうみと[寛],
なづけけらしも,[寛]なつけけらしも,

巻数

第6巻

作者

神社老麻呂

タイトルとURLをコピーしました