万葉集1004番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1004番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1004番について

歌番号

1004番

原文

不所念|来座君乎|<佐>保<川>乃|河蝦不令聞|還都流香聞

訓読

思ほえず来ましし君を佐保川のかはづ聞かせず帰しつるかも

かな読み

おもほえず|きまししきみを|さほがはの|かはづきかせず|かへしつるかも

カタカナ読み

オモホエズ|キマシシキミヲ|サホガハノ|カハヅキカセズ|カヘシツルカモ

ローマ字読み|大文字

OMOHOEZU|KIMASHISHIKIMIO|SAHOGAHANO|KAHAZUKIKASEZU|KAHESHITSURUKAMO

ローマ字読み|小文字

omohoezu|kimashishikimio|sahogahano|kahazukikasezu|kaheshitsurukamo

左注|左註

右内<匠>大属按作村主益人聊設<飲饌>以饗長官佐為王|未及日斜王既還歸|於時益人怜惜不猒之歸仍作此歌

事項|分類・ジャンル

雑歌|宴席|主人|も賸渧賖|佐為王|別悞|哀惜|地名|奈良

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌|左->佐【元】【類】【紀】|河->川【元】【類】【紀】|匠寮->匠【元】【紀】|饌飲->飲饌【元】【紀】|歌【西】謌

寛永版本

おもほえず,[寛]おもほえす,
きまししきみを,[寛]きませるきみを,
さほがはの,[寛]さほかはの,
かはづきかせず,[寛]かはつきかせて,
かへしつるかも,[寛]かへりつるかも,

巻数

第6巻

作者

按作益人

タイトルとURLをコピーしました