万葉集992番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集992番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集992番について

歌番号

992番

原文

古郷之|飛鳥者雖有|青丹吉|平城之明日香乎|見樂思好裳

訓読

故郷の飛鳥はあれどあをによし奈良の明日香を見らくしよしも

かな読み

ふるさとの|あすかはあれど|あをによし|ならのあすかを|みらくしよしも

カタカナ読み

フルサトノ|アスカハアレド|アヲニヨシ|ナラノアスカヲ|ミラクシヨシモ

ローマ字読み|大文字

FURUSATONO|ASUKAHAAREDO|AONIYOSHI|NARANOASUKAO|MIRAKUSHIYOSHIMO

ローマ字読み|小文字

furusatono|asukahaaredo|aoniyoshi|naranoasukao|mirakushiyoshimo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|飛鳥|奈良|土地讃美|望郷|地名

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

ふるさとの[寛],
あすかはあれど,[寛]あすかはあれと,
あをによし[寛],
ならのあすかを[寛],
みらくしよしも[寛],

巻数

第6巻

作者

坂上郎女

タイトルとURLをコピーしました