万葉集1006番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1006番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1006番について

歌番号

1006番

原文

自神代|芳野宮尓|蟻通|高所知者|山河乎吉三

訓読

神代より吉野の宮にあり通ひ高知らせるは山川をよみ

かな読み

かむよより|よしののみやに|ありがよひ|たかしらせるは|やまかはをよみ

カタカナ読み

カムヨヨリ|ヨシノノミヤニ|アリガヨヒ|タカシラセルハ|ヤマカハヲヨミ

ローマ字読み|大文字

KAMUYOYORI|YOSHINONOMIYANI|ARIGAYOHI|TAKASHIRASERUHA|YAMAKAHAOYOMI

ローマ字読み|小文字

kamuyoyori|yoshinonomiyani|arigayohi|takashiraseruha|yamakahaoyomi

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|行幸|従駕|応詔|吉野|離宮|讃美|天平8年6月年紀|地名

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

かむよより,[寛]かみよより,
よしののみやに[寛],
ありがよひ,[寛]ありかよひ,
たかしらせるは,[寛]たかくしれるは,
やまかはをよみ[寛],

巻数

第6巻

作者

山部赤人

タイトルとURLをコピーしました