万葉集922番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集922番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集922番について

歌番号

922番

原文

人皆乃|壽毛吾母|三<吉>野乃|多吉能床磐乃|常有沼鴨

訓読

皆人の命も我れもみ吉野の滝の常磐の常ならぬかも

かな読み

みなひとの|いのちもわれも|みよしのの|たきのときはの|つねならぬかも

カタカナ読み

ミナヒトノ|イノチモワレモ|ミヨシノノ|タキノトキハノ|ツネナラヌカモ

ローマ字読み|大文字

MINAHITONO|INOCHIMOWAREMO|MIYOSHINONO|TAKINOTOKIHANO|TSUNENARANUKAMO

ローマ字読み|小文字

minahitono|inochimowaremo|miyoshinono|takinotokihano|tsunenaranukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|吉野|行幸|宮廷讃美|神亀2年5月年紀|地名|序詞

校異

人皆【元】【類】皆人|芳->吉【元】【類】【紀】

寛永版本

みなひとの,[寛]ひとみなの,
いのちもわれも[寛],
みよしのの[寛],
たきのときはの,[寛]たきのとこいはの,
つねならぬかも[寛],

巻数

第6巻

作者

笠金村

タイトルとURLをコピーしました