万葉集976番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集976番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集976番について

歌番号

976番

原文

難波方|潮干乃奈凝|委曲見|在家妹之|待将問多米

訓読

難波潟潮干のなごりよく見てむ家なる妹が待ち問はむため

かな読み

なにはがた|しほひのなごり|よくみてむ|いへなるいもが|まちとはむため

カタカナ読み

ナニハガタ|シホヒノナゴリ|ヨクミテム|イヘナルイモガ|マチトハムタメ

ローマ字読み|大文字

NANIHAGATA|SHIHOHINONAGORI|YOKUMITEMU|IHENARUIMOGA|MACHITOHAMUTAME

ローマ字読み|小文字

nanihagata|shihohinonagori|yokumitemu|ihenaruimoga|machitohamutame

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|難波|大阪|望郷|羈旅|土地讃美|天平5年年紀|地名

校異

歌【西】哥【西(訂正)】歌

寛永版本

なにはがた,[寛]なにはかた,
しほひのなごり,[寛]しほひのなこり,
よくみてむ,[寛]まくはしみ,
いへなるいもが,[寛]いへなるいもか,
まちとはむため[寛],

巻数

第6巻

作者

神社老麻呂

タイトルとURLをコピーしました