万葉集1013番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1013番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1013番について

歌番号

1013番

原文

豫|公来座武跡|知麻世婆|門尓屋戸尓毛|珠敷益乎

訓読

あらかじめ君来まさむと知らませば門に宿にも玉敷かましを

かな読み

あらかじめ|きみきまさむと|しらませば|かどにやどにも|たましかましを

カタカナ読み

アラカジメ|キミキマサムト|シラマセバ|カドニヤドニモ|タマシカマシヲ

ローマ字読み|大文字

ARAKAJIME|KIMIKIMASAMUTO|SHIRAMASEBA|KADONIYADONIMO|TAMASHIKAMASHIO

ローマ字読み|小文字

arakajime|kimikimasamuto|shiramaseba|kadoniyadonimo|tamashikamashio

左注|左註

右一首主人門部王|[後賜姓大原真人氏也]

事項|分類・ジャンル

雑歌|宴席|歓迎|天平9年1月年紀

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

あらかじめ,[寛]かねてより,
きみきまさむと[寛],
しらませば,[寛]しらませは,
かどにやどにも,[寛]かとにやとにも,
たましかましを[寛],

巻数

第6巻

作者

門部王

タイトルとURLをコピーしました