万葉集959番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集959番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集959番について

歌番号

959番

原文

徃還|常尓我見之|香椎滷|従明日後尓波|見縁母奈思

訓読

行き帰り常に我が見し香椎潟明日ゆ後には見むよしもなし

かな読み

ゆきかへり|つねにわがみし|かしひがた|あすゆのちには|みむよしもなし

カタカナ読み

ユキカヘリ|ツネニワガミシ|カシヒガタ|アスユノチニハ|ミムヨシモナシ

ローマ字読み|大文字

YUKIKAHERI|TSUNENIWAGAMISHI|KASHIHIGATA|ASUYUNOCHINIHA|MIMUYOSHIMONASHI

ローマ字読み|小文字

yukikaheri|tsuneniwagamishi|kashihigata|asuyunochiniha|mimuyoshimonashi

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|福岡|香椎|太宰府|地名|神亀5年11月年紀

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

ゆきかへり[寛],
つねにわがみし,[寛]つねにわかみし,
かしひがた,[寛]かしひかた,
あすゆのちには,[寛]あすよりのちには,
みむよしもなし[寛],

巻数

第6巻

作者

宇努男人

タイトルとURLをコピーしました